スポンサーリンク

17/01/06 引越しコラム column

バリバリのワーキングレディが住んでそうな横浜の街は?

img_yokohama_working_lady_04

うーん。このテーマも難しい。基本的にOLは東京で働いていて東京に住んでいる人が多いでしょうと思ってしまうので。

とはいっても、東京だって広いわけです。大手企業は東京ー品川寄りでしょうけど、新宿ー池袋方面にだって企業がないわけじゃない。霞が関なんてスーパーエリートさんもいらっしゃるでしょう。大半の人は勤務地に通いやすいところに住むに違いないと思います。

とすると、このテーマを考える上で大事なのは、『バリバリのワーキングレディ』とはどんな方で、どんな生き方をされているかから考えることです。

私の想像する『バリバリのワーキングレディ』は、決して仕事だけではなく、プライベートも充実させ、常にセンスを磨いている方だと思います。そうした方はきっと住む場所もハイセンスで、かといって闇雲に高いだけの町でもなく…なんとなく見えてきました。

それでは、以下に、『公私ともに充実したハイセンスな女性』が住んでいそうな街を勤務地の候補とリンクさせてご紹介しようと思います

 

スポンサーリンク

みなとみらい線 「みなとみらい」駅〜「新高島」駅のエリア

他のテーマでも挙げているハイクオリティエリアですが、このテーマで挙げないわけにはいきません。実際に行ったわけではありませんが、横浜市の住みたいエリアについて女性にアンケートをとったら、まず間違いなくランクインするであろうエリアです。

アクセス面で新宿方面には一本ですし、横浜駅で乗り換えれば品川方面にも20分くらいで簡単に行くことができます。

そして何よりもこの街が魅力的なのは周辺環境の楽しみ方の多彩さにあります。

横浜駅にはそごうや丸井といったデパートが立ち並び、みなとみらいにはランドマークプラザ、マークイズ、コレットマーレなどの個性的なショッピングモールや、横浜美術館、コスモワールドなど、本当に色々な施設が立ち並んでいます。

アクティブな方は臨港パークや少し行って山下公園などでランニングを楽しんだり、シーバスで海から横浜の町並みを見渡したり、とまさにやりたいことをやりたい時にできる街です。

ちょっと家賃が高いのと、景観維持のためにベランダに物が干せないという制約はあるものの、それを十分補える良さを備えた街だと思います。

お出かけ好き、ショッピング好き、アウトドア好きの方などたくさんの方を満足させられる場所です。

ここに住んだら一皮も二皮も剥けた洗練された女性になれると思いますよ。

 

JR京浜東北線&東海道線 「大船」駅近辺

ほとんど鎌倉です。半分以上鎌倉です。一応、横浜市栄区と隣接しているので、横浜ってことで勘弁してください。

なぜわざわざここを挙げたかというと、やはりプライベートの充実です。鎌倉や湘南江ノ島に最も近いこのエリアでアクティブな休日を過ごせます。湘南でマリンスポーツを楽しんでも良いですし、鎌倉はおしゃれなカフェが多いことでも有名です。そんな場所に横浜から最も近いこのエリアは女性にうってつけだと思いませんか?

駅周りには、スーパーマーケットを含む大型のショッピングモールがあり、お買い物にも困りません。「西友」は一部を除き24時間営業とのことなので、深夜や早朝にどうしても必要なものがあった時も困りませんね。

とはいえ、もちろんプライベートだけじゃありません。東京方面へのアクセスについては、品川側限定ですが、東海道線に乗れば大船から40分以内で行けます。新宿や東京駅にも45〜50分で行けますので、都内へのアクセスはばっちりです。

横浜や川崎にお勤めの方であれば、京浜東北線に乗ればここは始発駅ですので確実に座って行けます。ちなみに横浜駅まではおよそ15分の距離にあるため、横浜で働いている人には十分オススメできる場所です。

横浜市の外れではありますが、この街にも十分な魅力があるんです。まさに隅から隅まで、横浜市は魅力的な都市ってことですよね?

 

東急田園都市線 「青葉台」駅近辺

別のテーマでも触れましたが、品川ー東京側に向かうJRの京浜東北線や東海道線、京急線に比べ、東急系の路線は車内に女性が多いです。ということは行き先に女性が働く街があって、すでに東急線沿線には女性が多く住んでいるということです。

そう思って調べてみると、やっぱり外せないのは青葉台です。

やはり別のテーマで触れたように、ここはおしゃれなカフェがあり、少し行ったセンター北、たまプラーザなどに色々なショッピングモールがあります。どちらかというと家族世帯が住む町のセンター北やたまプラーザに比べ、単身の女性はこちらに住むイメージです。

大船がアクティブなイメージなら、こちらは洗練された落ち着いたイメージのおすすめの街ですね。

 

まとめ

以上、今回はバリバリのワーキングレディが住んでいそうな横浜の街として、「みなとみらい」駅〜「新高島」駅のエリア、「大船」駅、「青葉台」駅をご紹介いたしました。

バリバリ働きながら生きる人間が住む場所を考える際には、会社への出勤時のアクセスの良さ、休日を楽しめるスポット、治安の良さや生活のしやすさなどたくさんのクリアすべき項目があると思いますが、参考になりましたか?

横浜市は開港時の港町、商業都市として栄えたこともありますが、東京のベッドタウンとしての側面もあります。つまり、ここで生活しながら通勤することは容易で、かつこの都市で楽しむこともできるということです。プライベートも仕事も充実したい、そんな女性が住むのにぴったりの街なんですね。

スポンサーリンク