スポンサーリンク

16/07/23 引越しコラム column

ランニングを楽しもう!走りやすい名古屋の街は?

shoes-630587_640

名古屋はランニングに適した公園・緑地・遊歩道がとても充実しています。

ナゴヤランナーがこぞって集まる「名城公園(北区)」はもちろん、週末にはランニング大会がよく開催されて賑わう「庄内緑地(西区)」、起伏トレーニングにぴったりの「大高緑地(緑区)」、長いストレートコースを走ることができる「大江川緑地(南区)」、また堀川沿いに整備された「白鳥プロムナード(熱田区)」、

など全国的に見ても非常に優れたランニングスポットがたくさんあります。

そんな数あるランニングスポットの中から、今回は住みやすさとトレーニングの両面から見て特におすすめのエリアをご紹介します。

 

スポンサーリンク

毎日のトレーニングには最適―瑞穂運動場東・西駅周辺

まず最初にご紹介するのは瑞穂公園、瑞穂陸上競技場周辺のエリアです。

瑞穂陸上競技場までは地下鉄名城線「瑞穂運動場東」駅からは徒歩3分~8分 ほど、桜通線「瑞穂運動場西」駅からは徒歩10分~15分ほどです。

おすすめのコースは瑞穂公園北陸上競技場を起点に山崎川沿いを走るコース。

瑞穂公園北陸上競技場にはロッカールームもありますのでここで荷物を預けることも可能です。

瑞穂公園周辺は「山崎川 四季の道」として整備されており、春・満開の桜の下を通り抜けるのは非常に爽快です。

もちろん春以外の季節も四季折々の表情が楽しめるため、近隣の市民ランナーには非常に人気があります。

真夏の暑い時期にはゴール後のクールダウンに瑞穂プールへザブン!というコースプランもいいかもしれませんね。

また瑞穂区のこの周辺は閑静な住宅街が広がっており、住みやすい街としてもかなり上位を占めています。

 

アフターランには立ち寄る場所もたくさん-新瑞橋駅周辺

先ほど同様、メインは山崎川を走るコースなのですが、今度はもう少し南へ行った地下鉄名城線・桜通線「新瑞橋」駅周辺をご紹介します。

山崎川は新瑞橋を越えると川幅が広くなり独特の情緒が楽しめなくなってしまいます。

だったらその終着地点である新瑞橋を起点にしようというコースです。

地下鉄「新瑞橋」駅周辺にはイオンモールやアピタなどの大型商業施設が立ち並び、日々の買い物にも非常に便利ですし、アフターランにお茶を飲みながらゆっくりする場所もたくさんあります。

新瑞橋からは山崎川の川沿いを田代本通(千種区)あたりまで走ることができます。

途中、道路を横断しなければいけないところも出てきますが、道路に分断されることなくより快適に走りたい場合には瑞穂競技場~石川橋までの約2kmを周回するというのもいいでしょう。

 

四季の草花を愛でながら-鶴舞公園

出典 http://nagoyadeasobu.blog5.fc2.com/blog-entry-282.html

名古屋市内の桜の名所と言えばおそらくダントツ№1!

「さくら名所100選」にも選ばれている鶴舞公園はJR・地下鉄「鶴舞」駅のすぐ目の前です。

公園内には「健康散策園路」というコースがあり、1.4kmと2.2kmの2つの周回コースになります。

桜の季節はもちろんのこと、初夏には3500株のアジサイが咲き誇る「アジサイの散歩道」や、広大な敷地に咲き誇るバラ園に日本庭園、その他にも季節の花が咲き誇るガーデンなど緑と花に囲まれたコースは走っていて飽きることはありません。

また園内には売店や自動販売機、トイレも充実していますので、日々のランニングコースとしても最適です。

鶴舞公園の最寄駅としてはJR・地下鉄「鶴舞」駅なのですが、日々のランニングコースとして鶴舞公園を利用するのであれば地下鉄鶴舞線「荒畑」駅、「御器所」駅周辺、または地下鉄桜通線「吹上」駅周辺の方が暮らしやすいでしょう。

 

まとめ

以上、ランニングに適した街として瑞穂運動場周辺、新瑞橋駅周辺、鶴舞公園周辺(荒畑駅、御器所駅、吹上駅)をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

名古屋は「濃尾平野」の一部でもあるため、基本的に地形は超フラットで、街を走っていても坂に出くわすことはほとんどありません。

また山崎川、庄内川、矢田川、香流川など水辺を走るコースもとても人気です。

引っ越しても快適にランニングを楽しみたいという方にはおすすめのエリアがそろっていますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク