スポンサーリンク

15/12/06 引越しコラム column

七赤金星の人の2016年引越し運

img_fusui_2015-7_49

 

スポンサーリンク

七赤金星の特徴

七赤金星の人は、誰にでも愛嬌があり人を楽しませてくれる性格のため、いろんな人から好かれています。社交性がある性格なので、友達も多く、仕事面では上司などにかわいがられることが多いです。友達だけでなく、様々な付き合いには積極的に参加するので金運には注意した方が良いかもしれません。

フットワークが軽いのもあり、仕事の話もスムーズに進みやすいです。人の懐に入り込むのが上手いのと、オシャレでセンスが良いので異性だけでなく同性からも一目置かれています。人気運の高い七赤金星は、幸運のめぐり合わせ多いラッキーなタイプです。

 

七赤金星の2016年の全体運

この1年は忍耐力の年になりそうです。苦労や悩みが多いので、深く考えずに今年はやり過ごすのが解決となります。自分が中心となったり、リーダーとなったりすると、失敗したときの負担が大きいのと、よりストレスを感じやすくなるので、一歩引いたところで物事を冷静に確認するのが向いています。仕事はアシスタント的な内容が多く、雑務も増えそうですが、必要な基礎固めととらえましょう。

仕事などで思うようにいかないことが多いので、恋愛においては少し投げやりになってしまいがちです。相手を選ぶときは慎重に、自分にあった人かどうか見極めましょう。パートナーのいる人は、コミュニケーションがとりにくくなったり、一方的な感情を押し付けがちなので疎遠にならないように会話を重視していきます。

基礎固めの1年となるので、来年の飛躍に向けて地道な準備をするステージです。

 

七赤金星の2016年の引越し運(月別)

七赤金星の2016 年はゆっくりと自分を見つめ直す時間が吉となる1年です。引越しも自分について考える良い機会です。どちらかというと保守的になってしまいがちな年でストレスもたまりやすいですが、自分を癒せる場所を見つける引越しをするのはお勧めです。

 

1月

吉方位は南東で、9、12、18、21、27、30日が引越しには向いてます。1月は勢いがあるので、思い立ったら引越しをするのもいいかもしれません。部屋はできるだけ日当たり良好で太陽の光をたくさん感られ部屋が活力を与えてくれるので良いです。

 

2月

1月の勢いが落ち、静かに過ごしたほうがよい月となります。凶方位を避け、休みの日は南東の落ち着いたカフェなどで過ごすとよいです。

 

3月

来月以降引越しに向いている月があります。その時に向けて情報収集して、引越しにめどをつけておくのに最適なときです。気持ちが途切れてしまうときもありますが、思い立った時に不動産屋さんめぐりをしてみるのもよいでしょう。

 

4月

吉方位はありませんが引越しには向いている月です。周囲が味方になってくれるので良物件の紹介や引越しの手伝いなど、引越しに向けて腰を上げたら向うから情報がやってきてくれます。

 

5月

4月に引き続き吉方位はありませんが、引越しに向いています。自分のイメージする部屋な物件に丁度よく空きがでるなどスムーズに物事が進みます。良縁に恵まれる月なので引越し先での出会いも期待されます。

 

6月

吉方位はありません。4、5月と引越しに向いていましたが今月は落ち着いた生活がよいようです。引越しした後の人は、引越しを手伝ってくれた人に感謝を伝えましょう。

 

7月

吉方位はありませんが、活動的に動いた方が良い月です。引越しをするのもよいですが、住んでみたいと思う街を出歩いてみるのも良いです。憧れの街でも良いので、実際に歩いて肌で街を感じると新しい発見ができます。

 

8月

7月とは逆で腰が上がらない月となりそうです。無理をせず、のんびり過ごしましょう。静かに過ごす生活をしていると思いがけないところに異性の出会いがあったりしますが今月の出会いは要注意です。

 

9月

吉方位はありません。引越しのイメージを固めるのに適した月です。休みの日など家具を見に行ったりして、部屋のイメージから始めてみましょう。

 

10月

凶方位の北、北東、南西、南に注意しましょう。金銭面での出費がこの方位に行くと多くなりそうです。

 

11月

1年の後半は引越しをするというより、来年の引越しにむけて本格的に考えていく時期です。仕事が忙しくなると引越しのタイミングを逃してしまうので、自分の年間スケジュールと照らし合わせた計画をしてみましょう。

 

12月

11月同様に来年の引越し計画をたてましょう。引越ししたいのに、できそうにない、という思いがあったら、何とかクリアできるような計画をします。諦めてしまいがちな運気は邪気を帯びているので、前向きに考えて活力ある来年を迎えます。

 

 

スポンサーリンク