スポンサーリンク

15/12/21 引越しコラム column

子供の引越し いいこともたくさん!

img_child_goodpoint_16
引越しを控えられている方で、お子さんをお持ちの方。小さいお子さんのことがとても心配に思っているママさん方もたくさんいらっしゃいますよね。

引越しによってお友達と離れ離れになり、寂しい思いをすることもあるでしょう。
ですが同時に子供にとっての引越しは、とても楽しいものでもあるのです。

大人よりもずっと楽しむ才能がある子供。実は知らない土地へ引越すことも、冒険のように楽しんでいるものなのです。

今日は、子供をお持ちのママさんたちに私が子供の頃に経験した引越しのお話をシェアさせていただきながら、子供だった私が引越しをすることで得られたことや、引越しの嬉しかった点などをお話をさせていただきます。

 

スポンサーリンク

お友達が増える、対人関係を構築するのが上手になった

引越しをしたことで良かったことは何と言っても、友達がその分たくさん増えたことです。そして、引越しにより、友達を作るのがとても上手になったことです。

私は小さい頃から大きくなるまでずっと一緒に育った幼なじみがいないので、周りから幼なじみの話を聞いたりすると、うらやましいな、と思ったこともあります。

ただ私はその分、引越しをしない子に比べ、たくさんの子と友達になる機会がありました。
今も昔も決してクラスの中心にいるようなタイプではありませんが「誰かしら仲良くしてくれる」というポジティブな前提が自分の中に出来上がっています。

今でも知らない人が大勢いるパーティーのような場でもあまり尻込みせずに初対面の人と話すことができます。今の私の対人スキルは、明らかに幼い頃の引越しの経験から得られたものでしょう。

 

子供は知らない場所が大好き!

新しい土地に引っ越して、周りがすべて「知らない場所」。ちょっと散歩をするだけで大冒険のような気持ちになりました。

好奇心旺盛な子供にとっては、なにもかもが新しい世界なのです。友達と探検ごっこをするのはもちろん、
一人でいるときもスケッチブックに家の周りの地図を描いて、この道がスーパーへの近道で、ここには大きな犬がいて…と冒険のための地図を作っていました。

また、引っ越してすぐのころは必要なものの買い出しをしたり、片づけが落ち着いてくると近場の観光名所にドライブに出かけたりしました。
もちろん行くところすべてが私の知らない場所で魅力的に感じられました。今でも昔行ったことのある場所に行くとその頃の気持ちが蘇ってきて不思議な気持ちになります。

遊園地の近くに引越したときは家族で年間パスポートを購入して、毎週のように遊びに行っていたこともありました。
その前に住んでいたところは立地的にも遊園地なんて年に1度行けるかいけないかぐらいだったので、遊びに行った翌週にまた遊園地に行けるなんて夢のようで、毎週土曜日になるとはしゃいでいました。

親にとっても子供にとっても引越しをすることで、その分見たり遊びに行く場所を知るのはとても楽しみの大きいことだと思います。

引越し先に大して観光名所がなかったとしても、行ったことのない公園やショッピングモールなどに連れていってあげるだけでお子さんにとってはとても楽しいわくわくすることなのです。

 

新しいお家が嬉しくてしょうがない

私の引越しした先の新しいお家は、新築マンションでした。とてもキレイで、びっくりしたのを覚えています。
外装もピカピカで、部屋の中も新築のにおいがして、広さも前よりも部屋一つ増えました。落ち着かないという気持ちはあまりなくて、それよりも朝起きたときの部屋の景色の違いが新鮮でした。前の家が取り立てて住みにくい家だったわけではありません。
ただ、子供にとっては、新しいお家、ということが純粋に新鮮で嬉しかったのです。

いかがでしたか?

今回は引越しというものを、実は子供は楽しんでいるというお話をさせていただきました。
友達が引越しをした分たくさん増えること、そしてその際に培われる対人スキル。そして知らない場所は子供にとっては大冒険できる場所なのです。新しいお家もとてもわくわくするものです。

好奇心でいっぱいの子供にとって、引越し以上に好奇心をくすぐられるものはないのかもしれません。

引越しを控えられたママも、お子さんのことはそんなに心配しなくて大丈夫ですよ。お子さんはきっと新しい環境を目一杯楽しむことでしょう。

スポンサーリンク