スポンサーリンク

15/04/02 引越しコラム column

お金持ちで品のいい家族が集まる名古屋の街

img_nagoya_elegant_13

名古屋は名古屋城の城下町として発展してきた街でもあります。昔は武家屋敷が立ち並んでいたというエリアには今でも医師や弁護士が多いとも言われています。今回は名古屋市内の中でも特に品のいい家族が集まると言われている街についていくつかご紹介します。

 

スポンサーリンク

東区白壁-地下鉄・高岳駅、名鉄瀬戸線・清水駅

名古屋で高級住宅街としてよく名前の挙がるのが東区の白壁、主税町、橦木町などのエリアです。この辺りは江戸時代から続く御屋敷街として有名で、高級老舗料亭をはじめ、旧豊田佐助邸、日本最初の女優・川上貞奴が住んだ邸宅などのある歴史あるエリアです。

特に白壁は徳川美術館所有の尾張徳川家もあり、品のいい街としては筆頭に上がるのではないでしょうか?
近年は高級マンションが立ち並び、名古屋で一番住みたい街としても有名でしたが、戦前から続く旧家と新興の高級マンションが混在するエリアでもあり、住んでいる人みんなが「品がいい」かどうかはわかりませんが、他のエリアに比べれば「品がいい街」であることは間違いないと思います。しかし、最近は以前ほど価格も高くないマンションも増えてきています。
東区の白壁、主税町、橦木町へは地下鉄桜通線「高岳」駅、名鉄瀬戸線「清水」駅、「尼ケ坂」駅、「東大手」駅などから行くことができます。

 

昭和区南山周辺―いりなか駅、八事駅

昭和区の五軒家町、南山町を中心にそこから雲雀ヶ岡にかけては大きな豪邸の集まる名古屋屈指の高級住宅街です。この辺りは緑も多くプール付きなどの敷地面積の広い住宅も多くみられ、マンションなどは比較的少ないのが特徴です。マンションが少ないということは他から移り住んでくる人が比較的少ないということにもなりますので、昔からこの土地に住んでいる品のいい家庭が多い地区と言えるでしょう。

周辺には南山小学校・中学校・高校・大学や中京大学などもあり、名古屋の文教地区としても有名です。またこのエリアは名古屋市内でも特に子供の教育レベルの高い地域でもあります。
最寄駅は地下鉄鶴舞線「いりなか」駅、鶴舞線・名城線「八事」駅。またすぐお隣の名城線「八事日赤」駅から中京テレビの方へ行った昭和区高峯町のあたりも豪邸が立ち並ぶ高級住宅街となっており、かなり品のいい方々の集まるエリアと言えるでしょう。

 

昭和区から瑞穂区にかけて-荒畑駅、桜山駅、総合リハビリセンター駅

昭和区から瑞穂区にかけてには古くからの旧家が点在しています。例えば昭和区の丸屋町には大半が焼け野原となった名古屋市の中でもほとんど空襲で焼けなかった地区があり、今でも昔ながらの古民家風の豪邸が立っています。

また瑞穂区の田辺通り、松栄町、密柑山町、茨木町あたりにも古くからの豪邸がいくつも点在しています。特に瑞穂区のこの辺りは地下鉄の桜通線や名城線(延長分)が開通するまでは、近くに地下鉄の駅もなく、また坂も多いため、自家用車が不可欠な場所でした。今でこそ周辺に地下鉄の駅がいくつもできマンションも非常に増えましたが、以前からこの地区に住んでいる旧家の方々は、皆さんとても品がよく、ゆったりとした雰囲気を感じます。

 

まとめ

今回は品のいい家族が集まる名古屋の街についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?品がいいかどうかというのは短期間で作られるものではなく、その人が生まれてからこれまでの生き方の中で培われてくるものだと思います。ですから当然、品のいい家族の集まるエリアの中にも、そうでない人はいると思いますし、その逆もあると思います。また名古屋市内のは他にもまだまだすてきな街はたくさんありますので、いろいろなことを総合的に見て、ぜひあなたにぴったりの街を見つけてくださいね。

スポンサーリンク