15/04/05 引越しコラム column

家族で住みやすい、都会だけど落ち着いている名古屋の街は?


img_nagoya_calm_16

名古屋の街はよく「程よく都会であり程よく田舎であり住みやすい」と言われています。名古屋市内でしたらだいたいどこでも30分圏内ですべてがそろいます。車で30分~1時間も走れば海でも山でも川でもどこへでも行くことができます。

名古屋人の私から見たら中心部のど真ん中以外だったらどこでも「都会だけど落ち着いていて住みやすい」と感じてしまうのですが、その中でもおすすめをいくつかピックアップしてご紹介いたします。

 

東区東桜から泉にかけて-地下鉄栄駅から東

まず最初にご紹介する東区東桜は、地下鉄東山線・名城線「栄」駅、名城線「久屋大通」駅、桜通線「高岳」駅、東山線「新栄」駅に囲まれたエリアです。ここ東桜は名古屋の中心「栄」まで徒歩ですぐ、または一番遠いところでも自転車で10分以内に行くことができるような、まさに名古屋のど真ん中です。

「それなのに落ち着いているの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、実はこんな街の真ん中の東桜でも駅から少し離れるだけで静かなところもあり、家族向けのマンションなども増えてきています。また東桜のちょうど中心には東桜小学校、富士中学校があり、名古屋の中でも比較的レベルは高い方です。

「でもさすがに東桜では街なか過ぎる」という方には隣の「泉」もおすすめです。地下鉄の駅から離れればかなり静かなところもあり、それでいて都心までは自転車で10分ほど。
また外堀通りを越えて北方向へ行くと、名古屋市内でも有数の人気の高い高級住宅街、白壁、撞木町、主税町というエリアになります。

 

東区代官町、筒井、車道-地下鉄高岳駅、車道駅

東区泉をさらに東へ行った「代官町」「筒井」「車道」もおすすめです。最寄駅は代官町でしたら高岳駅、筒井、車道でしたら車道駅です。代官、筒井、車道というエリアは、江戸時代には下級武士が暮らしていたところで、明治~大正頃から商店街が発達してきました。今でも代官町商店街、筒井町商店街、車道商店街、鍋屋町商店街、大松通商店街などの商店街があり、昔ながらの下町の雰囲気を残しています。周辺には尾張徳川家ゆかりの建中寺や徳川園があり、愛知大学(車道キャンパス)や東海高校、愛知商業高校などが立地することから、落ち着いた文教地区としてもよく知られています。

 

名東区藤が丘駅周辺―地下鉄・藤が丘駅

名古屋の大動脈とでもいうべき地下鉄東山線の終点駅「藤が丘」駅。駅周辺は住所で言うと藤見が丘、照が丘、宝が丘、望が丘、富が丘などやたらと「が丘」のつく町名が多いですが、この藤が丘駅周辺は名古屋市内でも1,2を争う新興住宅街で、家族連れの転勤者が多いのも特徴です。

地下鉄の終点駅でありながら、中心地の「栄」駅までは地下鉄で約20分ほどで行くことができます。藤が丘駅前には商店街もあり、また飲食店やライブハウスなどもありまあまあ賑わっていますし、近くには大型スーパーも多く買い物にはまったく不便はありません。

また藤が丘駅以外も「本郷」駅、「上社」駅、「一社」駅など東山線沿線の名東区は新興住宅街になっており、住環境の整った人気の高いエリアです。
地下鉄東山線はラッシュ時には2分間隔で運行されていますので、通勤・通学にも非常に便利がいいです。

 

まとめ

今回は都会だけど落ち着いていて家族で住みやすい名古屋の街として、都心部の繁華街には非常に近いけれど比較的静かで落ち着いている東区東桜と泉、二つ目に都心部までは自転車で15分ほどで行けるのに下町の雰囲気の漂う商店街のある代官、筒井、車道エリア。そして地下鉄の終点駅でありながら非常に便利もよく、都会のにぎやかな雰囲気と郊外の静かな住宅街の両面を楽しめる地下鉄藤が丘駅周辺の3つをご紹介しました。

他にも北区の地下鉄・名城公園~黒川周辺エリアや昭和区の荒畑、御器所、吹上にかけてのエリア、熱田区の熱田神宮周辺エリアなど繁華街にも近くとかだけど落ち着いていて住みやすい街はたくさんあります。ぜひあなたのライフスタイルに合ったすてきな街を見つけてくださいね。