15/06/05 引越し準備・やること prepare

引越し準備中のマッサージで翌日も疲れ知らずに!

img_refresh_massage_78

普段使わない筋肉や神経を酷使してしまう引越し準備中。この期間は気も張っているので、知らず知らずに疲れやストレスが溜まってしまい、気がついたときには免疫力が低下して風邪をひいてしまったり、身体のあちこちが痛くなってしまったりと、やることが山積みにもかかわらず体調が崩れがちになってしまいます。

そこで、その日の疲れはその日のうちに解消することで翌日はスッキリさせられる、引越し準備中の女性には特におすすめの一人で簡単にリフレッシュできるマッサージをご紹介します。

 

スポンサードリンク

肩こりや腰痛は目のコリをほぐすことで解消

普段から多くの女性が悩まされている肩こりと腰痛。これは人間が四足歩行から二足歩行に進化したことによる障害の一つでもあるくらい、人類にとっては長い歴史をもつメジャーな不調です。

特に女性は同じ体勢をし続けたり、冷えや血行不良から肩こりや腰痛になりやすいデリケートな身体をしていますので常にケアをしたいところですが、引越し準備に追われているときにゆっくり時間を取れない! という方にはいつでもどこでもできる目のツボマッサージを試してみて下さい。やり方は眼球を押したりこすったりして傷つけないように気をつけながら、指の腹で優しく痛気持ちいい程度で行ってみて下さい。視界がハッキリして頭痛や肩こり、そして腰痛までも緩和してきます。

・睛明 せいめい

目頭と鼻の骨の中間にあるくぼみにズレないように指の腹を当てて、押し込んで刺激します。息を吐きながら押して、吸いながら緩めます。

・承泣 しょうきゅう

瞳の中心の下の頬骨のくぼみを指の腹でゆっくり押します。このときも呼吸に合わせてみて下さい。

・合谷 ごうこく

手の甲にある親指と人差し指の骨の付け根から少し外側にあるくぼみを強めに長く押します。ツボの位置がいまいちわかり難いときは押してみて痛気持ちいいポイントを探してみて下さい。そこがツボです。

・足三里 あしさんり

表側の側面、膝のくぼみから指3本下にあるくぼみを親指で強く長く押します。

目の血行が良くなり視界がハッキリしてくることで、無意識に使ってしまった無駄な力を緩めます。身体はどこかが不調を来すと、他の部分で補強しようとするために、肩や腰に普段使わない力が入ってしまい、無理な体勢になってしまうことがコリや痛みを誘発してしまいますので、少し疲れを感じたらまずは目のマッサージをおすすめします。

 

さするだけでも実は良い!?

昔から「手当て」という言葉があるように、痛いところに手を当てるだけでも痛みが和らぐことがあります。マッサージのように、少し刺激を与えることで効果がある場合もありますが、実は手で患部を気持ちよくなるまで軽く「さする」という方法でも緊張した筋肉をほぐす効力があります。特に目や顔などは皮膚が薄くあまり強く刺激を与えることで違う症状を引き起こしてしまう恐れもあるので、ツボ押しが苦手という方はふわりと軽く両目に手を当ててみましょう。

目以外の場所でしたら、肩や首、腰などもマッサージというよりも「さする」ようにします。そのとき口に出しても、心の中で唱えても良いのですが「気持ちいい〜」「だら〜ん」「あたたか〜い」等と自分の身体が欲している言葉を添えながらさすると、驚くことにその言葉通りに身体が緩んでくれます。是非、試してみて下さい。

 

マッサージやツボ押しの効果を高めるには

やはり、酷いコリや筋肉の緊張からくる痛みには温めることが一番です。引越し準備中だと物が散乱してお風呂もゆっくり浸かることができない状況のときでも、温かいタオルを目、肩、首などにのせたり、カイロを腰に貼ったりして、できるだけ温めてみて下さい。温めることで血行も良くなり痛みや疲れも緩和します。

引越しで新しい環境に移る前にはやることが多く、心身ともに疲れがちになりますので、普段よりも自分の身体の状態を気にかけてあげて、次の日には疲れを引きずらないように過ごしたいものですね。