スポンサーリンク

15/11/09 引越しコラム column

モテ女子のカーテンはコレ!新居に友達呼んで自慢しちゃお!

img_curtain_mote_90

出典 http://www.romapri.com/product/PD24040/

 

お引越しした皆さん、新居のカーテンはもう買いましたか?もしまだ、カーテンをどう選んだら良いか分からなくて困っているなら、他人目線で選んでみるのもひとつですよ!

もちろんインテリアは自分の好みで選ぶのが当然ですが、自分の世界に入り込んだ選び方をしてしまって、他人からの評価を下げてしまうという失敗が起こることもあります。

どうせなら、新居に友達を呼んだ時に、「素敵!さすが◯◯ちゃん!」と言われるようなモテカーテンにしたいですよね。

女子会などで自宅に友達が遊びに来ることは想定されますか?もしそうなら、あの友達だったらどう思うかな?と考えてみると、意外と正解しますよ。

新居に女子が集まれば、この家具はどこのお店で選んだの?とか、インテリアの話で盛り上がるのは間違いありません。新しい部屋を自慢できるようなカーテンを選んでみましょう!

 

スポンサーリンク

色が人に与える印象から選ぶ

まずは色に注目してみましょう。色は人の心理に働きかけます。ですので、どんな風に感じてもらいたいかで色を選ぶことができます。

ピンク

女子にダントツで人気な色はピンクです。優しさやかわいさ、幸せな印象を与えます。恋バナをするなら色がムードをさらに盛り上げてくれることでしょう。ただし、ピンクの要素が多すぎると幼い印象もあたえがちです。ご自分のキャラクターも考慮して、ピンクの配分には気をつけましょう。

オレンジ・イエロー

オレンジやイエロー系は元気な印象を与えます。明るくて暖かい部屋に見せることができるでしょう。食べ物が美味しそうにも感じるので、みんなで食事をしようと考えるなら最適です。ただ、安っぽく見えないものかどうかは気をつけましょう。

グリーン

グリーンの印象は、若さや安心です。ゆっくり落ち着いて過ごしてほしい、でもフレッシュさも感じてほしいという場合におすすめです。爽やかな香りと合わせれば、居心地は抜群です。ただ、落ち着きの逆に活発さという点では少し劣ります。リラックスしてお茶を飲みながらおしゃべりするのに良いでしょう。

ブルー

ブルーは清々しさや冷静さを表現します。集中できる空間を作ることができます。もし一緒に何か手作りをしたり、勉強をしたりというシーンが予想されるなら適しているでしょう。他に色のあるインテリアがあまりなかったりすると、冷たく寂しい印象も与えがちなので、バランスには気をつけましょう。

代表的な色を挙げてみました。お部屋で友達とどう過ごすかを考えて選んでみるのも楽しいですね。

 

カーテンの柄でキャラをアピール

カーテンの柄は、柄そのものをダイレクトに伝えます。花やチェックはかわいらしさ、ストライプや幾何学模様はクールさなど、選んだ人のキャラクターを伝えやすいポイントです。

ありのままの自分のセンスで選べば良いのですが、ここでひとつ提案は、敢えて人の気を引く柄を選ぶということです。

おしゃべりして話し疲れたふとした時、カーテンの柄は想像以上に印象的に目に入ってきます。すると、今まで話していたことに加えて、ついついカーテンについても話したくなってしまうでしょう。

なんでその柄なの?どこで買ったの?あなたらしいね。意外だね。たかがカーテンの柄ですが、そんなところから人となりが見えて、もっと仲良くなれるかもしれませんね。

 

カーテンのタッセルもポイント

カーテンそのものだけでなく、カーテンを束ねるタッセルもポイントとして忘れないで下さい。

カーテンをまとめておくような昼間には誰も来ない…というのであれば残念ですが、タッセルにまで気を遣っているという女子力は自慢できるものであり、評価アップのポイントです。

おサイフの事情でカーテンを安くせざるを得ないこともあるでしょう。でも大丈夫。カーテンを安くて無地のものにしておいても、タッセルの工夫で一気にモテカーテンを演出できますよ。

 

img_tassel01 img_tassel02 img_tassel03

 

いかがでしょうか?あなたのお友達目線という視点に変えてカーテンを考えてみると、また違った選び方ができるのではないでしょうか?

他人に認めてもらえる、評価してもらえるということは、自分への自信につながります。他人の目線で選ぶなんで自分が無いと否定的に言うこともできますが、ファッション、おしゃれは、自分を客観的に見ることができるセンスも必要なのです。

今回は、あまりないですが友達モテするカーテンの選び方に注目してみました。気になった方は参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク