15/08/10 引越しコラム column

国内の遠距離恋愛 会う頻度はどのくらい?お金はかかる?

img_distance_meet_money_57

国内の遠距離恋愛をする場合に会う頻度はどのくらいになるのか、これは初めての遠距離恋愛をする人にとっては目安が分かりにくいところですよね。

一般的なお付き合いの場合ですといつでも会うことができるので、会う頻度など考えることはなかったでしょう。
しかし遠距離恋愛となると、会う努力をしなければ自然と会わなくなってしまいます。
ここまで築いた関係があるなら、ぜひ距離をものともせずさらに深めていきたいですよね。

とはいっても、遠距離の場所によっては、気持ちだけではどうにもならず、どうしてもおサイフと相談しなければなりません。

では気になる経験者はどのくらいの頻度で会い、お金のやりくりも上手くやっているのでしょうか?

 

目安は1回/月

お互いが国内同士の遠距離ですと、場所にもよりますが、平均すると月に1回会うカップルが多いようです。

アンケート結果では

  • 隣の県で快速電車で行ける:2回/月
  • 大都市同士で新幹線で行ける:1回/月
  • 高速バスで行ける:1回/月
  • フェリーや飛行機に乗る必要がある:1回/2〜3ヶ月

まとめるとこんな結果になります。

可能であれば関係を維持していく為には、1回/月を目標にしていきたいところですね。
このペースで一年間お付き合いしてもたった12回しか会うことができません。
仕事や学校が忙しいと、お互いのスケジュールを合わせることも難しいので、予定は早めに決めるようにしたいですね。

しかし、本人同士のキャラもありますから、よく話し合ってみて下さい。
こんな話し合いをすることによっても、確実に二人の距離は縮まるはずですよ。

 

 

交通手段とお金

飛行機

国内の遠距離恋愛の場合、移動手段は高速バス、電車、飛行機、いろんな方法がありますが、時間を優先して考えるなら飛行機を活用したいものです。

飛行機なんて高い!と単純に考える時代ではありません。
今は国内LCCが飛び交っています。
高収入の大人遠距離だけの手段ではありませんよ。

各社航空券のバーゲンセールをやっています。
例えば筆者は最近、ピーチで関空から長崎に2000円で行きました。
セールを狙わなければいけませんが、予定さえ決めてしまえばその日は特別な日となり、毎日の活力にもなるでしょう。

調べて活用する価値は多いにあります。

 

新幹線

大都市同士の遠距離なら、新幹線が便利ですね。
お値段はやや張りますが、日にちや時間を気にしなくてもいつでも運行していること、そこそこの時間で移動が可能というメリットがあります。

毎回高速バスでは辛いけど、新幹線も取り入れてというミックス方法がいいかもしれません。

新幹線のチケットを安く手にいれるなら、駅ではなくお近くのチケットセンターで買うと若干安くなります。

また、「ぷらっとこだま」というプランがJRにはあります。こだまなので時間はかかりますが、例えば

東京—名古屋

  • 通常:10,880円
  • ぷらっとこだま:8,100円

という感じでお得になっています。

ただ、直前だと売り切れて買えなかったことがあったので、早めの予約をおすすめします。

 

高速バス

体力さえあれば、経済的に移動できる手段は高速バスとなります。

東京—新大阪

  • 新幹線:14,140円
  • 高速バス:3,520円(某社最安値)

ご覧の通り、お値段は雲泥の差です。

高速バスのクオリティーアップも目覚ましく、とにかく疲れるといったイメージは払拭されつつあります。

飛行機のビジネスクラスのようなパーティション付きのシート、2列しかないゆったり空間、ゲームをしながら楽しめるアトラクションバスなど、様々な工夫が凝らされ、選ぶだけでも楽しくなります。
会った時の会話のネタにもなるでしょう。

学生の遠距離カップルだけでなく、大人カップルでも楽しむ為にバスをチョイスしてもよいのではないでしょうか。

 

デートのアドバイス

中間地点デート

遠距離のデートにはお金がかかります。
「私ばかり行ってる」
「彼の方が稼いでいるのに」
など、どちらがどちらに、どのくらい行くと考えると、ついつい鬱憤がたまってしまいます。

そこで、中間地点デートを提案します。

中間地点なのでもちろん料金の差は出てしまいますが、お互いの知らない場所を開拓していく楽しみというのは、多少の料金差も埋め合わすのではないでしょうか。
思い出の地がひとつずつ増えていくのは良いものですよ。

 

頻度は少なくてもゴージャス旅行

中間地点が尽きてきたなら、頻度は少なくなっても、ちょっと遠くの素敵なところに旅行に行くのもアリです。

気軽なリゾートなら、沖縄、グアム、台湾などはいかかでしょう。
遠距離でなければ、なかなか計画することのない地への旅行です。

遠距離のデメリットを逆手に取り、自慢できるデートをしてみてはいかがでしょう。
もし結婚した時には、たくさんの思い出の旅行写真を飾れることでしょうね!

 

まとめ

会う頻度やかかるお金は、状況がいろいろあるので正確な平均は出せませんが、ひとつ参考にしていただけたでしょうか?

あれこれ話し合うことで、お互いを深めることもできます。
お金がなくたって、楽しめる方法はあります。

遠距離恋愛にあまり心配しすぎて暗くなっては、あなたの魅力も半減です。
乗り越えた日のことを頭に描いて、二人の関係を築いていって下さいね。