16/12/11 賃貸 flat

週末はアウトドア派!高速に乗りやすくて便利な東京の街は?

img_outdoor_highway_tokyo_11

東京と言えば電車の交通網が発達しているだけでなく、高速道路もすごく発達しています。都内を走る首都高速は環状線で、この首都高速道路があることによってどの方面へもアクセスできます。便利で広々と使いやすく、さらに低価格な軽自動車が人気を集め、アウトドアに出かける人も年々増えてきています。

マイカーを持っていない人も、2525円から借りられるレンタカーやパーキングが運営するカーシェアなどもあるので気軽に利用することができます。

東京近郊にはアウトドア派がこぞって集まる楽しい場所がたくさんありますが、せっかくあちこち行くのであれば高速まではスムーズに乗りたいものです。場所によっては高速に乗るまでに時間が相当かかってしまい、大変な思いをしてしまいます。

今回はそんな週末はアウトドア派!高速に乗りやすくて便利な東京の街? をご紹介します。

 

スポンサーリンク

千葉、埼玉、群馬へアクセスしやすい東池袋駅

千葉、埼玉、群馬でアウトドアをする人たちに絶大な人気を誇っている住みやすい街が東池袋駅です。

東池袋駅周辺には首都高速5号池袋線の東池袋出入口があり高速道路を利用する人にとってはこの上ない便利な街です。東池袋の高速道路の乗り口は珍しく、普通は逆の方面に行く高速に乗る時、対向に乗り口がありますが、東池袋の高速道路は同じ方向から乗れるのが特徴です。ここから高速に乗ると環状線である首都高速につながり、ジャンクションをすぐ乗り換えると千葉、埼玉、群馬方面へアクセスできます。

千葉にある房総半島でBBQをしたり、埼玉の奥秩父でカヌーや乗馬をしたり、群馬までいくとアウトドアならなんでも揃っているのでスキーやラフティング、キャンプまで出来ます。

また東池袋の高速は首都高速道路直結なので好きなジャンクションで、乗り換えればどこへでも行ける便利さがあります。東池袋駅周辺のマンションは駐車場つきの物件も多く、車を持っている人には住みやすい街です。

 

富士山・河口湖でアウトドア三昧するなら永福町駅

東京で人気の京王井の頭線沿いにある永福町駅。

住宅街でありながら商店街なども充実し、すぐ近くに井の頭公園などの有名スポットもあります。

この永福町駅周辺が都内に数ある高速道路の出入り口の中でもおすすめな理由は、中央自動車道へのアクセスが最もしやすいからです。都内の高速入口から首都高速に乗って中央自動車道へアクセスすることはもちろんできますが、この首都高速道路から中央自動車道への乗り継ぎポイントは、渋滞することでも有名です。

ひどい時は全く進まなくなることもある東京の渋滞。その渋滞ポイントを避けて中央自動車道へすぐアクセスできるのが首都高速四号新宿線・永福出入口です。

山梨方面へアクセスでき、富士登山やスキー、キャンプ、釣りなど様々な自然を使ったアウトドアを楽しむことができます。

 

番外編:高速道路利用時の楽しみといえばサービスエリア!

高速道路を利用する際に楽しみの一つなのが、サービスエリアですね。

東京から名古屋へと続く東名高速道路沿いには、ただの休憩所ではない人気のサービスエリアがたくさんあります。

海老名サービスエリアは日本で一番利用者数・売上の多いサービスエリアです。はじめの頃はメロンパンが話題となり、連日メロンパンを求める人々で混み合っていました。

現在はお土産・食料品店、アパレルショップなどがたくさんあり、まるでショッピングモールのようになっています。高速のついでに寄るというよりも、わざわざここに来るという人も多いようです。メロンパンも未だに人気です。

刈谷パーキングエリアは、観覧車が目印の最近人気上昇中のパーキングエリアです。

多くのサービスエリアがショッピングをメインに人気であるのに対して、岩ヶ池公園へとつながっている刈谷パーキングエリアはアミューズメントパーク的な魅力を持っているのが特長です。

天然温泉や足湯もあるため、子どもから大人まで楽しむことができそうです。

 

まとめ

便利な環状線、首都高速道路が走っているのでどこへでもアクセスしやすい東京の街ですが、住まないと分からない、本当に高速道路を使いやすい街というのがあることをお分かりいただけたでしょうか。

今回は週末はアウトドア派!高速に乗りやすくて便利な東京の街は?ということで、本当に高速を使いやすい街として東池袋駅周辺と永福町駅周辺をご紹介させていただきました。

アウトドアが充実している都内近郊、スムーズに目的地へ着いて思う存分、アウトドアを楽しみたいあなたには今回ご紹介したような街をお勧めします。

スポンサーリンク