スポンサーリンク

16/08/09 引越し準備・やること prepare

【新居の掃除・防虫対策】きれいに見えても!?引越し前にやっておきたい

img_cleaning_insect_68

引越し作業の中で、あまり気にされていないのが防虫対策です。

ダニやゴキブリ、そしてシロアリといった害虫は、生活する中で天敵となるものです。

「新居だしまあ大丈夫だろう」と高をくくっていても、実際はそうではありません。こまめに掃除をしていても害虫は現れますし、引越しをする作業の中で自分が気付かぬうちに持ちこんでしまっているといったケースも多く報告されております。

害虫を駆除し、快適な生活を送るために何が必要なのか、そして気を付けなければならないことは何か、考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

害虫による被害

害虫は生活していくなかで、生活面や健康面でさまざまな被害をもたらします。

●ダニ

例えば代表的なダニですが、体に付着すると、血を吸われてしまい、その部分が赤くなります。当然かゆみを感じますし、湿疹となることも多く、重度になると呼吸器系の障害やアレルギー症状を起こすこともあります。

 

●ゴキブリ

また人間の天敵と呼ばれるゴキブリですが、これはサルモネラ菌を運んでいるため、それが食品などに入ってしまうと食中毒になる恐れがあります。

また電気製品に入り込んでしまい、ショートしてしまったり、製品そのものが故障してしまうことも考えられます。

 

●シロアリ

そして一番危険なのが、シロアリです。シロアリは、水を利用する風呂場や洗面所、台所付近に集まりやすく、土台や床、柱などが喰われてしまう被害にあってしまいます。

これは酷いケースになると建物全体に及ぶことがあるので、見つけ次第すぐに駆除しなければなりません。

 

害虫対策は、できれば引越しより前に行いましょう

参考商品イメージ

img_cleaning_varsan_01

出典 http://varsan.lion.co.jp/manual_point/kisetsu_01.htm

害虫対策として一番効果的なのが、部屋全体に防虫剤を散布する方法です。

そこでおすすめなのが、部屋全体に広がる噴射タイプの防虫剤です。有名なもので「バルサン」といった商品がありますが、これはある一定時間部屋を閉め切って、その間に防虫剤を噴射させ部屋全体に行きわたるようにして、害虫を駆除してしまうものです。

当然その間は部屋には入ってはいけないですし、終わった後は数時間換気しなければなりません。部屋に何もない状態で行うことが望ましいため、引越し当日より前に行っておく必要があるのです。

ここで使用する際の注意点ですが、アパートやマンションに転居する場合は他の部屋に影響を及ぼす可能性があるため、利用する前には必ず管理人や大家さん、管理会社などに許可を得るようにしましょう。

 

自身が持ち込んだ荷物にも十分に対策しよう

害虫は旧居から持ち込んだ荷物やダンボールなどに潜んでおり、そこから新居に侵入してしまうとも言われております。そのため、部屋だけではなく運ぶ荷物にも対策しておく必要があるのです。

まずは、荷物が入っているダンボールにそれぞれ防虫剤を入れておきましょう。そして場合によっては、トラックに乗せている間に防虫をしておくこともできます。自分でやる場合は引越し業者に事前に許可を取っておきましょう。中には業者のサービスとして行ってくれるところもあるので、要相談です。

参考商品イメージ

img_cleaning_musyu_04

出典 http://www.st-c.co.jp/release/2015/20150202_003361.html

そしてダンボールですが、これは害虫の卵が付いてしまう危険性があります。そのため、極力引越し作業が終わったあとは、駆除剤などを散布しておくようにしましょう。もししばらく使うことがないのであれば、早めに処分してしまいましょう。

参考商品イメージ

img_cleaning_corori_03

出典 http://www.earth-chem.co.jp/top01/sonota/mushi_korori/aerosol.html

また、家具や家電などにも害虫がついていることもあります。引越しを機に、買い換えることで対策はできますが、かなりのお金がかかりますしあまり現実的ではありません。

殺虫剤をまいたり、タンスの中に吊り下げるタイプのものを置いておくなどして対策しましょう。

参考商品イメージ

img_cleaning_msyu_02

出典 http://www.st-c.co.jp/products/mothproofing_agent.html

 

防虫対策をしてくれる業者さん

●アート引越センター

アート引越センターでは「NON無視シート敷き込みサービス」という、ダニやノミの駆除をしてくれるシートを入居前に畳やカーペットの下に敷きこんでくれます。通気性のよいシートが湿気を防いで効果を発揮します。

●アリさんマークの引越社

アリさんでは畳のお部屋に限って防虫対策をしてくれるようです。ただし1㎡あたり1,050円ということなので、広い和室では料金がかさみそうです。リビングの中の一角に畳があるようなマンションでは調度よいかもしれませんね。

●ダスキン

引越業者さんではありませんが、大手清掃メーカーのダスキンは入居前の防虫対策はバッチリ行ってくれます。害虫が繁殖しやすいヵ所を絞って薬剤による処理を行います。ドアノブや電気のスイッチなども除菌処理をしてくれます。

処理後施錠して4時間は置くそうなので、引越前にしっかり余裕を持っておく必要があります。しかしかなりしっかりとした対策が期待できます。

 

まとめ

害虫は、視覚的にもあまり気分がよいものではないですし、生活や健康の上でも支障をきたすことがあります。

引越しの際はやらなければならないことがたくさんあるため、防虫にまで気が回らないことがほとんどです。

しかし、最初に幾分かの時間と手間をかける十分な価値があることであり、快適な生活を送るためには、まず入居する際に十分な防虫対策を施しておきましょう。

スポンサーリンク