15/04/05 引越しコラム column

初めての一人暮らしにおすすめ!治安のいい横浜の街は?

img_yokohama_safety_16

初めての一人暮らしは、ウキウキというより不安の方が先にくるものです。

私も元々地方出身なので、上京して横浜で住み始めた時はそれはもうビビり倒しでした。
その中で住んでいる街の治安の良さというのは心の安心をもたらす大きな力となるので、とても重要です。

とはいえ治安の良さは判断するのが難しく、街の発展度合いは必ずしもリンクしないので、都会であれば安心っていうものでもありません。
女性にしてみれば街の治安の良さというのは何物にも代えられない程のメリットにもなりえる反面、ちょっと下見したぐらいではわからないので、実際に住んでいる人間の意見を聞いてみるしかありません。とはいえ匿名の掲示板などの情報は真偽の問題やどうしたって主観が入るものです。

ここでは地方出身である程度客観的に見ることが出来、それなりに横浜の街を見てきた私の意見ということで、女性の皆様に参考にしていただければ良いかと思います。

 

スポンサードリンク

東急田園都市線 たまプラーザ駅

このテーマでぱっと出てくるのはやはり東急系の沿線です。東急線の乗客の男女比率を見てみると、海側を走るJR線よりも明らかに女性比率が高いことが分かります。その中でもこのたまプラーザはベッドタウンを走る田園都市線のターミナル駅の役割を果たす駅で、わざわざ横浜や渋谷などに行かなくても十分生活が出来てしまう街です。
田園都市線は高級なベッドタウンを走る路線なので、その中でも比較的栄えたこのたまプラーザでも落ち着いた雰囲気の街になっています。

アクセスも良好で、上記の渋谷や横浜は一本で行けますし、あざみ野で市営地下鉄線に乗り換えることで新横浜にも行くことが出来ます。そういう意味では利便性を犠牲にして治安をとるといった不要な選択をしなくてもよい街です。
ただ一つの欠点は、やっぱり同じ考えの人が多く、最近田園都市線がやたらと混んでいることです。こればかりは出勤時間などを工夫してやり過ごすしかありませんね。

 

相鉄線 希望ヶ丘駅

東急線と並んで治安が良い路線が相鉄線沿線です。どちらも比較的古くからあるベッドタウンをつなぐ路線というのが大きな理由でしょうか。

さて、この希望ヶ丘、その名の通りとても落ち着いた街並みです。比較的歴史が古いベッドタウンなので、家族世帯やお年寄りも多く住んでおり、そうした地域の結びつきのようなものが比較的強めの地域といえます(排他的ということじゃありませんよ)。
相鉄線は東西にしか線路が伸びていないので、南北に移動するには横浜駅まで出るか、大和へ行って小田急線に乗り換えるという選択肢がありますが、どちらもちょっと時間がかかるかもしれません。

しかし心配ご無用。現在相鉄―東横の接続工事を行っており、相互乗り入れができるようになります。これが実現すれば相鉄の弱点であった南北の移動の不便さは大いに解消されることうけあいです。
もしかしたらこの街は今後もっと発展して住みやすい街になるかもしれません。
住むなら今のうちですよ。

 

JR京浜東北線 港南台駅

横浜市の南側にあるベッドタウンです。40年ほどの歴史があり、生活レベルの高い方が多い街でもあります。近くには港南台さえずりの丘公園があり、都会にいながら自然を味わうこともできます。

アクセスに関しては、少し南にあるので、京浜東北線で横浜に出るのに大体20分、東京だとそこからさらに30分くらいかかりますので、ちょっと遠いと感じでしまうかもしれません。
ただし、京浜東北線の上りは関内くらいから混み始めますので、ここから乗る場合は高確率で座れると思います。近くには横浜横須賀道路の港南台インターがありますので、車があると便利な街です。
閑静な住宅街ではあるものの、スーパーや飲食店などは充実しており、この街だけでも十分生活できる街です。

 

まとめ

治安の良さを求めようとすると、どうしても繁華街からの距離を遠くすることになってしまいます。
上記に挙げた街にも多少そうしたきらいがありますが、そうはいってもやはり横浜、交通網はしっかりしていますので、どこに住んでもそんなに遠くなるということはありません。

むしろ上記にあげた街はこれまでベッドタウンとしての実績が積まれており、そしてこれからも発展する可能性を秘めた街です。落ち着いた環境にお隅になりたい方にはぜひともお勧めです。