スポンサーリンク

引越し 小学生 子ども

小学生の子どもも楽しみな家族引越しにするために

引越し 小学生 子どものイメージ画像

小学生の引越しの特徴

●幼稚園児とは確実に違う

小学生のお子さんを持つお母さん、転校を伴う引越しをするとなると、お子さんの心境の変化が心配ですよね。

小学生の子どもともなると、幼稚園児とは違い、引越しという出来事を理解することができるでしょう。

理解できないけど環境が変わるというのも恐怖ではあると思いますが、わからないからこそ深く考えずにやってのけられることも多いはずです。

小学生の子どもには、幼稚園の頃よりもより強固な友達関係ができていますし、地元への愛着も感じているものです。

その場所から離れること、それによって変化する気持ちを理解することができ、寂しさをより感じやすい歳になっています。

●子ども自身がストレスを乗り越える

そのため、引越しによるストレスをお子さん自身で乗り越えられるようにサポートする必要があります。

そして、引越しは寂しい出来事だけでなく新生活への希望も大いにあります、前向きな感情を抱く時間が多くなるようにしてあげたいですね。

 

ここでは、小学生のお子さんが引越しからどんな影響を受けるのか、そのためにどんなサポートが必要なのか、気になる情報をまとめています。

大人がまず元気でいることが引越し成功の秘訣です。
悩みは少しでも減らして欲しいと思います。

 

引越し時に抱きやすい小学生の不安は?

●小学生もうつになる

小学生時代を自分も過ごしてきたはずなのに、大人になってみるとそのころ何を感じていたか、考えていたか、忘れてしまうものです。

引越しを控えたみなさんのお子さんは何を感じていると思いますか?

小学生といっても1年生と6年生では大きく異なりますが、それだけ成長が著しく、その間に与える刺激は大きく影響します。

小学生でも、引越し後うつや、発達の退行が見られるとも言われます。

引越しの不安にはできるだけ寄り添い、サポートしたいものですね。

●引越しを控えた子どもの気持ち

では彼らはどのような気持ちを抱いているのでしょうか。友達、勉強、習い事、通学路、いろんな気持ちを聞いてみましょう。

さらに、うつ状態などSOSがどのように出るのか、キャッチするべき症状を紹介していますので、あらかじめ知っておくようにして下さい。

 

小学生の子どもに引越しをどう伝える?

●引越しの理由は様々

引越しの理由は様々だと思います。

成長にともなって広い家に住むための引越し、転勤のためという仕方ない引越し、離婚というストレスの大きな引越し、あるいは子どものいじめから逃れるための引越しなど、ポジティブな理由から、ネガティブな理由まであることでしょう。

●子どもの気持ちに配慮した伝え方

ポジティブな理由であっても、環境の変化というストレスを多少なりとも与えてしまうことなので、伝え方には悩みますよね。

それがネガティブな理由であれば、もっと難しくなります。

ここでは、子どもの気持ちに配慮した伝え方もご紹介しています。
楽しい話題も盛り込みながら、家族みんなで不安を乗り越えていきたいですね。

春は転勤や転校等で引越しシーズンですね。何度も引越しを経験している転勤族は、子どもが赤ちゃんや幼稚園児の頃は、多少引っ越し費用が高くなったとしても、お手軽パックなどを使って楽に済ませていますが、小学生くらいになると準備を手伝わせるのはどうでしょう。 猫の手も借りたい時は、上手く巻き込むとたとえ低学年の子どもでも、猫以上の力を発揮します。今回は小学生でもできるお手伝いを、いくつか挙げていきます。 &…

小学校といえば、通学範囲で決められた所に通わなければならないものと思っていませんか? 小学校生活は、その先の中学、高校、大学、どの学校よりも長く6年間もの間通うもので、卒園したての幼稚園に近いころから、思春期を迎える中学生になるまでを過ごす大切な期間です。子供の成長に大きく影響を与えるであろう6年間を過ごす小学校を、家の近くだからという理由だけで決めてしまってよいのでしょうか? 最近では、公立の小…

3月から4月の時期は、一年で最も引越しが多くなりますね。マイホームを購入した人は引き渡し、一人暮らしの人はこれから始まる新生活に向けて新しい部屋を借りる、そして仕事の都合などで真新しい土地へ移るなど、引越しの理由は人それぞれです。 引越しは、自分の周りの環境が一気に変化するため、肉体的にも精神的にも大きな負担がかかるイベントです。そのため、「うつ状態」に陥ってしまうことがあります。これを、「引越し…

引越しをするときに家具の買い替えをするご家庭も多いと思いますが、特に子どもの使う家具はすぐ汚れたりや破損したりしますし、成長していくにつれて必要な家具が変わったりするので、買い替えることが多いですよね。 小学生だとこういうものがいい!とか部屋はこんな感じがいい!とか子どもにも好みなどが出てくる年齢です。せっかく買い替えるなら大切に使ってくれたりお片づけが楽しくなるようなものに替えることをおすすめし…

引越しと転校は、小学生の子どもに様々な影響を与えるビッグイベントです。馴染めなかったらどうしよう?とお母さんは心配することでしょうが、ここでは”子どもの発達段階”を知ってサポートする方法をアドバイスします。引越しと転校を立派な大人に成長できる子どものチャンスにしましょう。 小学生のお子さんを連れての引越しを控えて、我が子が新しい学校に馴染めるかどうか不安に思っているお母さんはいらっしゃいませんか?…

転勤や新居への引越しなどの都合で、小学生の子供を転校させなければならない時、今まで仲良くしてくれたお友達に、餞別のプレゼントを贈る方が増えています。 プレゼントなんているの?と驚く方もいらっしゃるでしょうが、お世話になったお礼の意味と、離れてしまうけど友達でいてね。忘れないでね。といった友情の記念としての意味もあります。 仲の良かった友達と離れ離れになってしまうのは、子供心にとても寂しいことです。…

北海道に引越したクロ錦とモモアは、札幌でも登山ができることを知りさっそく山へ。 登山には最高のシーズン。キツネやシカに会えるかな〜♪ しかしそんなお気楽ではいけません。さすが北海道の大自然、大きな動物の恐ろしい気配が!? クロ錦は大丈夫でしょうか・・・? クロ錦がいない!!

子供のいじめに関するニュースを、耳にする機会が多いですが、実際に自分の子供が、いじめの被害者だった場合、どうすれば苦しんでいる子供を救えるのでしょうか? 学校や加害者との話し合いをしても改善が見られない場合、引越しをして、環境を丸ごと変えてしまうという方法もあります。 引越しをすることで、物理的に距離ができ、結果、確実に今あるいじめから逃れることができます。 しかし、引越しとなると、両親の通勤の状…

現在、お子さんが幼稚園で、そのまま地元の公立小学校に通わせるかどうか悩んでいる方、また現在の学区の小学校があまり評判がよくないため、隣の学区に引っ越そうかと考えている方、そんな方もきっとたくさんいらっしゃるでしょう。 小学生の6年の間にどんな環境でどのような友人と過ごすかによって、その後の人生、生き方、考え方を大きく変えると言っても過言ではないと思います。 私自身、親の転勤によって小学校を4つ変わ…

小学生の子供の転校、低学年のうち?それともある程度状況がわかるようになった、高学年になってから?進級と一緒と、夏休み明けなど新学期のタイミングで転校、どっちのほうが受け入れてもらいやすい? 転校する学校の受け入れ体制などの周りの環境と、子供自身の性格などにもよるでしょうが、転校生が新しい環境になじみやすい、転校に向いているタイミングはいつなのでしょうか?   低学年と高学年、どっちで転校…

12

スポンサーリンク