18/03/18 引越しコラム column

陣痛促進剤を使いたくない人におすすめの陣痛を促す6つの方法


 

出典:Fotolia

陣痛は、出産には欠かせないものですが、陣痛促進剤はできるだけ使いたくないという人もいるでしょう。

しかし、普段からケアをすることで、出産時に陣痛が起きやすくすることができます。

それでは、陣痛の促進を狙うには、どんな方法があるのでしょうか?

出産前に正しい知識を身に付けて、大切な子供を迎え入れてあげましょう。

正しく陣痛がこないと、どうなるの?

お腹の中にいる大切な我が子と早く会いたい妊婦さん。

世の中の妊婦さんは、早く可愛い赤ちゃんと会えるように、今か今かと予定日を待ち望んでいるものです。

しかし、予定日を越えても陣痛がこないときには、少なからず不安を感じてしまうものでしょう。

一般的に陣痛がくるのは、妊娠40週目が目安と言われています。

出産時期より早いなら「早産」、出産時期より遅いなら「過期産」と呼ばれ、リスクの高い出産になります。

早産と過期産には、それぞれリスクがありますので、事前に知識を身に付けることが大切です。

それでは、早産と過期産のリスクについて見ていきましょう。

早産のリスク

早産の時期は、妊娠の22~36週となります。

22週より前は、流産と呼ばれます。

基本的に早産の場合は、まだ赤ちゃんが発達しきれていません。

特に28週より早い場合は、網膜や脳が未発達の状態で、視力の低下や脳が麻痺してしまう可能性があります。

また、28週より遅くとも臓器が未発達なので、障害が残る可能性は高いでしょう。

過期産のリスク

過期産の時期は、妊娠の42週以降となります。

過期産の場合は、赤ちゃんが発達し過ぎたり、胎盤に異常が起きたりします。

赤ちゃんが発達し過ぎると、出産のリスクが高くなり、母子ともに安心はできません。

特に、胎盤に異常が起きてしまうと、安全に出産ができなくなってしまいます。

過期産ならないようにする方法

過期産の場合、赤ちゃんとお母さんに危険がないなら、陣痛を待つことになります。

しかし、危険な状態に陥ってしまったら話は別です。

陣痛促進剤や卵膜剥離、帝王切開をして、すぐに出産をすることになるかもしれません。

どちらにしてもリスクが大きくなりますので、できれば自然に陣痛が来るのを待ちたいものです。

それでは、過期産にならないようにする方法はないのでしょうか?

過期産にならないようにするなら、陣痛を促進することが大切です。

陣痛が起きやすい状態にすることで、なるべく自然な時期に赤ちゃんが産まれるよう調整しやすいですよ。

ただし、間違った方法で陣痛を起こそうとすると、身体に悪影響を与えてしまう場合もあります。

お医者さんと相談してみましょう。

正しく陣痛を促進させる方法

正しく陣痛を促進させるには、いくつかの方法があります。

あなたに合った陣痛促進方法を使って、リスクの少ない自然な出産を目指しましょう。

ウォーキング

自然に赤ちゃんを産むのなら、とにかく歩く時間を作りましょう。

出産が近づくと、「安産のために歩いておきなさい」なんて言葉を聞いたことはありませんか?

もちろん出産前というのは、なるべく安静にしておいた方が良いものです。

しかし、適度なウォーキングなら大丈夫です。

また、ジョギングのコースを決めるときには、なるべく近所にして誰かと一緒に行うことをおすすめします。

近くをジョギングするなら、何か起きたときでも誰かがすぐに対応しやすくなりますよ。

体調の変化に十分気をつけた上で、自然な出産を狙っていきましょう。

お風呂で身体を温める

出産に限った話ではありませんが、女性の身体は冷えに弱いものです。

毎日お風呂にゆっくりと浸かって、身体を温めることが大切です。

しっかりと身体の内側から温めて、リラックス効果も感じられます。

しかし、破水が起きたときには、感染症のリスクがあるので、お風呂は控えてください。

また、効果的に身体を温めるのなら、食事を意識することも考えておきましょう。

骨盤体操

正しく陣痛を促すのなら、骨盤体操が欠かせません。

陣痛体操はひざを垂直に立てた状態で、仰向けに寝転びながら行う体操です。

両ひざをくっつけた状態で、左右の床にひざが付くように倒していくだけでOKです。

正しく陣痛の促進を行えますが、無理な体勢を取ってしまうと、赤ちゃんや母体に悪影響を与えてしまいます。

そのため、少しでもきついと感じるようであれば、ムリに行わないようにしてください。

おっぱいマッサージ

母乳をスムーズに出すトレーニングとして、おっぱいマッサージがあります。

良い母乳を出すためにというイメージがありますが、おっぱいマッサージには陣痛を促す効果も期待できます。

おっぱいを刺激することによって、体内のホルモンが増加し、陣痛を促す子宮収縮運動が起きるのです。

ただし、あまり早い時期からおっぱいマッサージをしていると、陣痛を促す効果のせいで悪影響を与えてしまうことも。

必ず陣痛が来てほしいときや、出産後のケアとして行うようにしてください。

赤ちゃんに良い母乳をあげるため、そして正しく陣痛を促すためにも、おっぱいマッサージを試してみてください。

アロマでリラックス

アロマの中には、陣痛促進に効果的なものがあります。

特にセージ系の植物の中には、「クラリセージ」という植物があり、陣痛が起きやすいと言われています。

そのため、アロマでリラックスをしながら、陣痛を狙うのも一つの手です。

ただし、使用するタイミングには十分注意する必要があります。

陣痛を促進しやすいため、早産を引き起こすきっかけになってしまいます。

そのため、一般的には妊娠中に使用してはいけない決まりです。

どうしても出産が遅れてしまい、過期産になりそうなときには、医師に相談してから使用しましょう。

三陰交を刺激する

足にある三陰交のツボを刺激すれば、陣痛を促すことができます。

内くるぶしから、指四本分の位置にある足ツボです。

三陰交は身体の冷えを改善し、痛みを抑えてくれますよ。

お風呂に入っているときに、刺激をしてあげるとより効果的です。

身体を温めながらできるので、心地良くリラックスできておすすめですよ。

正しい知識で陣痛を起こしましょう

陣痛の誘発を狙うなら、正しい知識を持つようにしましょう。

間違った知識を持っていると、身体に悪影響を起こしてしまいます。

陣痛を促進する食べ物として、焼肉がおすすめと言われることがありますが、あまり効果的ではありません。

このような迷信に惑わされず安心して出産を迎えるためにも、正しい知識を持つようにしましょう。

みなさんも正しい陣痛促進を行って、愛する赤ちゃんを安全に出産してくださいね。