スポンサーリンク

17/01/21 引越しコラム column

引っ越し後に片思いが実ることもあるんです

img_move_love_37

みなさんは、忘れられない片思いの相手はいますか?

簡単に上手くいって両思いになれた恋愛よりも、長い間片思いをしてモヤモヤとしていたという恋心の方が印象的で忘れられないという人も多いのではないでしょうか。上手く実らせることができなかった恋心は、成仏できなかった霊のようにしぶといですよね。

今回は、そんなこじらせた恋心を持っていた方の引っ越しにまつわるエピソードです。

 

スポンサーリンク

こじらせた恋心はしぶとい

私には、ずっと好きな人がいました。
中学、高校と何年も片思いをしていて、でも、つるんでいるグループが違うからそんなに話すこともない。
そんな人でした。

高校を卒業すると彼とは進む大学の場所がまったく違ったのでもう会うことはない。

そう思っていました。
だから、高校の卒業式で告白をしようともしたのですが、結局言えず。
そのまま地元を出て引っ越し、大学に進みました。

会わなかったらその想いも忘れると思っていたのですが、何年もこじらせた恋心はとてもしぶとく、なかなか忘れられませんでした。

せっかく引っ越して新生活をはじめたのに、このまま、この先もずるずる引きずっていていいのか?
いや、だめだ。
そこで、そのときの私は大胆にも彼に会いに行くことにしました。

 

行動を起こし会いに行く

離れていたことを逆手にとり、観光という名目で。

SNSで繋がっていたので、そこから「そっち行くから暇だったらご飯でも食べに行こう!」とメッセージを送りました。
すると、OKしてくれたので意気揚々と彼の住む地に出向きました。

それが一回目です。

そこからSNSでこまめにやりとりをするようになり、
バイトでお金を貯めて「この町が気に入ったからまた来ようと思って。」と言いながら遊びにいきました。
私は観光地に住んでいたので、彼がこっちに遊びにきたときは案内をしたりもしました。

そして、中学生からこじらせていた恋を実らせることができました。
離れてから親しくなるなんて、とても不思議です。

 

引越しが恋を実らせた

きっと、引っ越してなかったらあんな大胆な行動はしてなかったと思います。

新しい土地に移ったからこそ、新生活をはじめたからこそ、
過去に未練があるのはいやだと思って行動に移せたのだと思います。

また、彼が引っ越してくれていたこともプラスに働きました。
誘うときはただ「旅行でそこに行くけど知り合いが少ないから遊ぼう。」と言えばいいだけだったので、
変に会う理由を考えなくてよかったのがとても楽でした。

自分の行動力次第で、きっとどんな恋も実るのだと思います。
私の場合、その行動力をくれたのが引っ越しという機会だったのだと思っています。

 

まとめ

今回は「引きずった恋に関する引っ越しのエピソード」をご紹介しました。

こちらの方は忘れることができずに彼に会いに行ったとのことですが、素晴らしい行動力ですね。なかなかこの方のように「忘れられないから行動しよう!」と思いきれる方はいないのではないでしょうか。

ただ、文中にもあるように、彼女も引っ越しという転機に助けられたようですね。住む場所が変わるという変化によってさらなる変化を起こしたくなる人や、行動する勇気が出るというのは多いです。

自ら変化を起こしたい時は引っ越しをしてみるのもいいかもしれないですね。

スポンサーリンク