スポンサーリンク

15/08/07 引越し準備・やること prepare

荷造りがはかどらないのは捨てるか迷うため!上手に物を捨てる方法4つ

img_unnecessary_packing_60

引越しを経験したことのある人ならみなさんご存知でしょう。
引越しの荷造りには思った以上に時間がかかってしまい、はかどらないことがありますよね。

その理由として、

  • 昔懐かしいものが出てきて、つい思い馳せて手に取ってしまう。
  • かさばるけれど、大切にしまっておくべきか捨ててしまうべきか悩む。

そうしているうちに時間は過ぎ、やる気も消耗していってしまうのです。

新しい引越し先には最小限のものだけを持っていきたいと思うほど、この選別作業がとても多くなってしまい、判断に疲れます。

では、どうすれば素早く良き判断ができ、荷造りを効率的に進められるのでしょうか。
上手に物を捨てる方法を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

1.悩む物boxを作る

あきらかにゴミと判断できるものはゴミ袋に入れることができますね。

困るのは、捨てるか悩む物です。
その、捨てるか悩む物を入れる箱を作っておきましょう。

手に取って、2秒で判断できなければ、それは悩む物box行きです。

とりあえず引越し先で荷物を開けてから改めて考えてもよいのです。
あるいは、引越し先でも開けずにとっておいて、1年間開けなければそのまま捨てましょう

ただし注意したいのは、悩むものboxが多くなりすぎてしまうと、結局は全部持って行くことになり、引越し料金が上がるかもしれません。

 

2.「いつか使うだろう」は捨てる

次に、手に取って2秒の判断で、「いつか使うだろう」と思い、悩む物boxに入れなかった物がターゲットです。

いつか使うだろうと思っている物は、ズバリいつまでたっても使うことがない物です。
「いつか使うだろう」とつぶやいたのなら、その収納先はゴミ袋にしましょう。

いつか使うだろうと思う物は、そのいつかのときにはさらに性能の良い物が出ているはずです。
あるいは、いつかのときに身につけてみたならば、あれ?なんだか古くさくない?と思われる物です。

その時に最適な物を買うことにしましょう。

 

3.食料品は謝って捨てる、次に生かす

「食べ物を粗末にしてはいけません」
誰もが子どもの頃からそう教わってきたことでしょう。
世界には食べたくても食べられない人たちがたくさんいます。
それを知っているからこそ、食料品は最も捨てにくい物ではないでしょうか。

しかし!

そもそも食料品をキープしていることが無駄につながっているのです。

  • 賞味期限が切れてしまったもの
  • 期限はまだでも封を開けたもの

以上は、「ごめんなさい」と言って捨てて下さい。
なぜなら、それらは今後もどうせ食べない物だからです。
その痛みを胸に、次からは食べきる分しか買いませんと心に誓って下さい。
その方がよほど世のためです。

 

「お一人様◯つまで!」「◯曜日特価!」
こんなスーパーの売り文句に惑わされないでください。
いいですか?どうせあなたは食べません。

引越しを機に考え直してみて下さい。

 

4.家族の物は捨てすぎない!

ここまで、いかに判断よく物を捨てるかを述べてきましたが、家族引越しの場合は気をつけて下さい。
家族の物を自分の判断で捨てすぎるとトラブルになり、もめて逆に作業が進まないこともあります。

もしあなたが家族の荷物を荷造りするなら、上記のように捨てるか悩む物のboxを用意するとともに、いつか使うだろうboxも作りましょう。
一時的にストックし、まとめて、いるかいらないかを確認してください。

その際、自分で思うに絶対にいらない物でも、その人の価値観によってはとても大切な物かもしれません。
捨てることを促すのはよいと思いますが、あくまで基本は相手を尊重しましょう。

整理整頓が苦手な人で、絶対にどこに何があるかわからないだろうと思う人は、こっそり捨てるとそういう時に限って覚えているんですよね。

 

まとめ

いかがでしょうか。誰もが陥る、捨てるか迷って荷造りが進まないシーンの対策を挙げてみました。

荷造りで一番時間をかけてしまう理由は、ものを持ったままじーっと考え込んでしまうことです。
考え込んだからといって、残念ながら捨てる捨てないの正しい判断ができるものではありません。

上記を参考にしていただき、あなたなりのルールを作って下さい。
あとはそれに従ってサクサク進めるのみです!

スポンサーリンク