スポンサーリンク

15/12/08 引越しコラム column

家具がそろうシェアハウス、初めての一人暮らしに最適!

img_sharehouse_interior_03

初めて一人暮らしをする時って、色々と不安ですよね。まず、経験がないと何が必要なのかも分からないことが多いのではないでしょうか。

いざ新生活をはじめようとして、足りない物に気づいたりすることも…。でももう買うようなお金がない!ということになってしまわないように、家具が一通りそろっているシェアハウスを検討してみませんか?

 

スポンサーリンク

家具を買う必要が無い

シェアハウスに暮らすことの最大のメリットは、家具を買う必要ないということです。実は家具というものは、そのライフスタイルに合わせて買いなおして行く必要がある性質があるため、1度買って終わりというものではないのです。

一人暮らしで必要なもの、結婚した後に必要なもの、子供が出来た時に必要なものと、想像しただけでも違いがあることがお分かりになると思います。シェアハウスであれば最低限のものがそろっているのが普通なので、わざわざ買う必要がありません。最初の一人暮らしにはまさに最適と言えるでしょう。実際に暮らしてみると何が必要かわかるので、シェアハウスでの生活を体験してから、一人暮らしをしてみるというのもよいかもしれませんね。

 

家具に費用がかからない

家具を買う必要がないということは、家具に必要な費用が掛からないということです。そのため、引越しに関する初期費用もかなり安く抑えることができます。

今まで実家暮らししか経験したことがない人であれば、いざ一人暮らしをしようと思っても具体的に何が必要か分からずに、不要なものを買ってしまうこともあるかもしれません。

また、その逆で必要なものを買わない場合も考えられます。実家から出て初めての生活をシェアハウスで行うことで、最低限必要であるものなどもわかるようになりますし、その他にかかるお金についても勉強できるのではないでしょうか。初期費用が抑えられた分、一人暮らしをするための貯金をしたり、趣味に使ったりとより充実した生活が送れるのです。

 

家具を持ち込まないため引越しが楽

引越しは、業者のトラックをお願いしないといけないし、その日程の調整も必要で色々と大変なものですよね。単身パックは安いとは言え、タダというわけではありません。しかし、シェアハウスでは家具が必要ないため、引越しが楽であるということも特徴のひとつなのです。

引越しの荷物も家具以外のものであれば、普通は段ボールに詰め込んで自分で運べるようなものばかりです。そのため、専門の業者に頼らなくても、自分で引っ越しが出来てしまうのです。また、最低限必要なものはそろっていますので、少しずつ買い足して行くということも可能です。現時点で何も持っていないのであれば、本当に服や下着程度で引っ越しが完了してしまう程の気軽さです。

 

すでに用意されているという嬉しさ

一人で何もかも用意する楽しみもあるかもしれませんが、それは同時に苦しみも伴うものです。金銭的にはもちろんですが、どのようなものが最適なのか選定する材料の少なさもその原因となります。しかし、シェアハウスであれば共用スペースにあるようなものはほとんど用意されているため、すぐに住み始めることが可能なのです。

用意してあるということは、暮らし始めてから足りないという不便さを感じる可能性が大変低くなります。そこが一番うれしいポイントではないでしょうか。

スポンサーリンク