18/03/19 引越しコラム column

おしりふきの商品比較!赤ちゃんの肌荒れを防ぐ水分99%がおすすめ


出典:Fotolia

「おしりふきは、赤ちゃんのお肌にいいものを使いたい」

多くのママさんやパパさんなら、そう思うのではないでしょうか。

おしりふきはおむつと変わらないくらい、必須のベビーグッズです。

まだまだ細菌がついてかぶれやすいおしりのことを考えると、皮膚トラブルを考えてあげる必要があります。

そこで今回は、お肌に優しいおしりふきをご紹介していきます。

おしりふきの特徴

みなさんは、どんなおしりふきを使っていますか?

もしくはこれからおしりふきを初めて購入する人は、何を基準に選ぼうとしていますか?

まず知っておいてほしいのは、赤ちゃんのお肌はとても敏感ということです。乾燥しやすいため、つねにケアをしてあげなければいけません。

とくにおむつが触れている部分に関しては、注意が必要。

おしっこやうんちをした後には、おしりふきを使いましょう。

新生児なら、おむつを頻繁に変える必要がありますので、頻繁におしりふきを使うことになります。

おむつは新生児から2歳くらいまで、長期間使うことになるベビーグッズです。それと同じく、おしりふきも同じ期間必要になります。

2年間も使うものですので、体や肌にいいものを選んであげましょう。

おしりふきの選び方

おしりふきには多くの種類がありますが、それぞれの違いを知ったうえで選びましょう。

トイレに流せるかどうか

まずはトイレに流せるかどうかを、考えてあげなければいけません。

使いやすさで考えると、水に流せるタイプを使ってみてはいかがでしょうか。

うんちとそのまま一緒に流せるので、非常に便利です。トイレ掃除をしている人ならわかると思いますが、便器にそのまま捨てられるシートは使いやすいですよね。

わざわざゴミ箱に捨てる必要もなく、衛生的でもあります。

また、外出中はもちろんのこと、自宅であってもトイレに流せるとニオイを気にしなくて済みます。

しかし、水にそのまま流せるタイプは、金額が高いことがネックです。

そのため、コスパで考えるなら、流せないタイプのおしりふきを使うほうがいいですよ。

また、赤ちゃんのうんちの固さによっても、使い分けをしましょう。

お腹がゆるくてやわらかいうんちをしている時期には、水に流さないタイプを使った方が良いです。

おむつもうんちまみれになっていますので、しっかりとおしりを拭いておむつごと捨てることになります。

ちゃんと固いうんちを出せるようになったら、水に流せるものを使ってトイレに捨ててあげましょう。

おしりふきの厚さ

おしりふきに、厚さがあることを知っていましたか? 一般的には、薄めのものを使いますが、厚みのあるタイプを使うほうがいいシーンもあります。例えば、うんちの量が多いときは、薄いサイズでは物足りません。

もしかしたら手にうんちがついてしまう可能性もあります。人によってはそれが苦手なこともありますので、厚さは非常に大切なポイントです。

 

可愛い赤ちゃんのうんちなので、気にしないという人がほとんどですが、どうせなら手につかないほうがいいでしょう。

金額で考えれば、薄いサイズのおしりふきの方が安くすみますが、使いやすさを重視するのであれば、厚いものがおすすめです。

水分量

おしりふき選びで重要な要素に、水分があります。

どれも同じじゃないの?と思いがちですが、実はメーカーや商品によって含まれている水分量は異なるのです。

しかし、なぜ水分が必要なのか?という疑問が湧いてきますよね。

もちろん、おしりについた汚れをとるには、水分があったほうがいいという理由はありますが、肌荒れを防ぐためという理由もあります。

日本には花粉症で悩む人が多くいますが、ティッシュを使いすぎて鼻の下が痛くなる経験を誰もがしています。特に硬いティッシュペーパーであればあるほど、痛みは増しますよね。それと同じで、水分が少なく硬いものは、赤ちゃんの肌を傷つけてしまいます。

「おしりふきの水分なんてどの商品も同じでしょ」と初めて子供を授かった家族は思いがちですが、危険な考えです。

赤ちゃんはみなさんが思っているよりも敏感肌ですし、数時間に一回お尻をふくことになるので、水分がどれだけ含まれているかというのは非常に重要なポイントなのです。

 

 

これからおしりふきを選ぶ人は、水分の多さを必ずチェックしてみてくださいね。

おしりふきの商品比較

おしりふき 100枚×16個パック 1ケース


出典:Amazon

赤ちゃん本舗の商品は、ほとんど水分と同じ成分ですので、肌に優しいのが特徴。

非常に使いやすい商品です。

防腐剤や殺菌剤は入っていますが、お肌にダメージを与えずに使えるようになっています。

保湿成分のヒアルロン酸が入っているので、うるおいを与えてくれておすすめです。

水99.9% ふんわり使える80枚入×20パック (1600枚)

出典:Amazon

レックの商品は、成分の99.9%が純水と同じ成分で作られています。

皮膚に刺激を与えないように作られていて、アルコール・パラベンフリーという特徴があります。

シンプルに使いやすいおしりふきですが、豊富なバリエーションがあるので、使用用途に合った使い方ができるでしょう。

おもいやりシート3200枚

出典:楽天

西松屋オリジナルで作られている赤ちゃんのおしりふきです。

香料・アルコール・パラベンフリーで使えるタイプで、赤ちゃんのお肌に優しく使えるようになっています。

たっぷりとお肌を保湿してくれるヒアルロン酸が入っており、お肌と同じ弱酸性で作られているので、ぜひ試してみてください。

パンパース ふわふわシート 詰替用 756枚(63枚×12個パック)

出典:Amazon

パンパースのふわふわシートは、でこぼこになった表面がおしりを優しくふき取ってくれます。

ベビーオイル・ローションの成分が入っていますので、さらふわなおしりにしてくれます。

少しお値段が高く感じるかも知れませんが、大判&厚手サイズで、一枚でもしっかりと拭き取れるのでおすすめです。

ムーニーおしりふき やわらか素材 (詰替80枚×8)×4パック

出典:Amazon

ムーニーのおしりふきは、カシミアのようなやわらかさのあるおしりふきです。

手軽に片手でシートを取り出すことが可能。残りが少なくなったら内側にあるラインで、残り枚数を表示してくれるので使いやすいです。

全身に使えるタイプなので、赤ちゃんに使ってみてください。

赤ちゃんに使いやすいのは水99%タイプ

様々なおしりふきがありますが、水が99%入っているタイプは、お母さんにとっても子供にとっても使いやすいです。

快適におしりふきを使っていくためには、寒い冬にも大活躍してくれるタイプを選ぶことが大切です。

可愛い赤ちゃんのことを思うなら、少し値段が高くなったとしても、水99%タイプを使ってあげることをおすすめします!

また、おしりふきを使うときには、おしりふきケースやおしりふきウォーマーを使ってみてください。

温かいおしりふきを使えるようになるので、赤ちゃんもすっきりと気持ちよく使えるようになるでしょう。

機能性とコスパを考えておしりふきを選ぼう

おしりふきに限った話ではありませんが、ベビーグッズを選ぶときには、機能性とコスパを考える必要があります。

赤ちゃんが快適に使えるタイプを選んであげましょう。

さらに、その中でも様々な種類がありますので、お母さんも快適に使えるものを選ばなければ意味がありません。

おしりふきの中でも、水99%タイプは特に人気がありますので、ぜひ一度試してみてください!