18/05/01 引越しコラム column

【100均ダイソー・セリア】毛玉取り機が優秀!


冬になっておしゃれなニットを着たい!でも毛玉が気になる…

冬になると、ニットやセーターなどのかわいい服が着られるようになり、より一層おしゃれを楽しむ方も増えるのではないでしょうか。

でも家に帰ってよく見てみると、「お洋服が毛玉まみれ!」なんてことはありませんか?

どうして毛玉が付くの?

毛玉が発生してしまう主な原因は、摩擦と静電気の二つです。

お洋服が擦れあったときに起きてしまった摩擦により繊維が毛羽立ち、その毛羽立った繊維が静電気によって丸まってしまうことで、毛玉になってしまいます。

静電気が起きやすい季節は空気が乾燥する冬です。ニットやセーターを着たい季節とちょうど一致してしまうのです。袖口、椅子やソファーと接する背中部分、リュックの肩掛けと擦れ合う部分などは頻繁に毛玉が発生してしまいます。

洗濯の際には、裏返して洗濯ネットに入れて洗うことや、柔軟剤で繊維を滑らかにし、毛玉発生の予防をすることも大切です。また、アクリルやポリエステル製の洋服は、素材の強度が高い反面、できてしまった毛玉が取れにくいというデメリットがあります。

ウールやカシミアなどの、天然素材のみでできているものは毛玉ができても簡単に取れていくことがありますよ。椅子に長時間座ったり、リュックを背負う機会が多い方は、天然素材のものを選んでみてもいいかもしれませんね。

毛玉を取るのにいい方法は?

どんなに気をつけていてもいつの間にかできてしまう毛玉ですが、毛玉を除去するにはいくつか方法があります。

もちろん自分の手で取り除いてもいいのですが、引っ張ることで繊維が毛羽立ってしまい、余計に毛玉を作りやすくしてしまうこともあるのです。

また、はさみやカミソリを使って、毛玉を一つ一つ切り取っていくこともできます。この場合生地が毛羽立つことはなく、毛玉を作りやすくすることはありませんが、丁寧に切り取っていくのは気の遠くなる作業です。

そこで便利な毛玉取りグッズを紹介していきます!

おすすめの100均毛玉取り機をご紹介!

最近では、ダイソーやセリアなどの100均でも、便利な毛玉取りグッズを買うことができるようになりました。安く、手軽に毛玉を取ることができれば、冬場のおしゃれをより一層楽しむことができるようになるかもしれません!

ダイソーの「くるくる毛玉取り」がいいらしい!

ダイソーのプライベートブランドから販売されている「くるくる毛玉取り」。

電動髭剃りのような仕組みで、網状の部分を洋服にあてて滑らせると、中にあるクルクルと回るカッターが毛玉を刈り取ってくれるというものです。単3形の電池2本で動き、刈り取られた毛玉は下の部分にあるケースに溜められていくので、ゴミの処理も非常に簡単です。

もちろんお洋服以外にも、布団や枕、ソファーなどの布製品にも使えます。

ブルー、ピンク、イエローの三色から選べて、なんと、本体の掃除のための小さなハケ付き、といった気遣いも忘れていません。

「100円だから失敗してもいい」と考えて購入した人も、その性能の高さに驚いているようです。

セリア「らくらく毛玉取れ〜る」

こちらは電動ではなく、手動で使うタイプです。刃ではなく、ヤスリのような素材でできており、毛玉を絡めて取っていくという仕様。先端に絡めて取るので、生地が毛羽立ってしまうこともありますが、電池が必要なく、外出時の毛玉のケアなどにとても便利です。

大切なお出かけの時や、服を綺麗に保つためにも、カバンの中にひとつ入れておくと安心です。

お洋服を大事にしたい方に!キャンドゥ「毛玉取りブラシ」

こちらはシェーバーやヤスリのようなものではなく、シンプルなブラシタイプ。
豚毛でできているので、他のものに比べて生地を痛めてしまう危険性は少ないです。

手動なので毛玉を全て取り切るのは少し大変ですが、高級な生地や、大切な洋服など、手間をかけても大事に使いたいものには最適です。

失敗には気をつけて!

電動のものが簡単で便利な反面、失敗してしまうケースもいくつかあります。

「毛玉以外の部分を切ってしまった!」

「洋服に穴が空いてしまった!」

など、不安定な台の上で作業したことや、強く押さえつけすぎたせいで綺麗な生地まで切ってしまうことがあるようです。

そういった不慮の事故を防ぐために、

  • できるだけ机やアイロン台の上など、平らで安定した場所で作業する
  • 強く押さえつけすぎない
  • 素早く動かさず、撫でるようにあてる

など、電動の毛玉取り機を使う際にも注意が必要です。

多機能な本格派モデルも!!

X-go 毛玉取り機

100円ではありませんが、毛が長い素材用に、カッターの位置を調整できる多機能なものもあります。

バリカンのアタッチメントのように、刃の位置を高くしたり低くしたりできるので、毛玉だけにしっかりと狙いを定めて刈り取ることができるのです。

サイズは100円のものと比べると大きいので、持ち運びがしにくいですが、大きい布団などの広範囲の毛玉を一気に除去することができます。コンセントに挿して仕様するタイプの場合は、電力が安定しているのでスムーズにカッターが回ります。

お気に入りの服を長く着るために。

できてしまった毛玉を取る方法は色々ありますが、その毛玉も元々は洋服の一部です。
何度も毛玉を取るうちに服が薄くなってしまうことがあります。

また、ほこりや汚れが原因で、お気に入りだった服が輝きを失うことは避けたいですよね。

できるだけ長く着るためにも、

  • 1日着たら数日は休ませること
  • 脱いだ直後に収納しないこと
  • 脱いだ後はブラシをかけること

など、その服の素材にあった日々のケアを忘れないようにしましょう。

タンスの奥のセーターを再び輝かせましょう!

メンテナンスの難しいセーターやニットも、簡単にお手入れできるグッズが100均で手軽に手に入ります。

毛玉が多く付いてしまったせいで、着ることが少なくなってしまったセーターやニットに、もう一度輝きを取り戻してあげましょう!